【今週の注目資料】各ブロックの雇用動向(平成29年4~6月四半期分)(厚生労働省)

2017.09.07 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

求人倍率最低は北海道

 厚生労働省は、平成29年4~6月期のブロック別雇用情勢を公表した。

 就業地域別の有効求人倍率(季節調整値)をみると、最も高かったのは東海、北陸の1.77倍だった(それぞれ対前期比0.10ポイント、0.09ポイント増)。以下、中国1.71倍(対前年比0.06ポイント増)、四国1.55倍(同0.07ポイント増)、東北1.53倍(同0.04ポイント増)が続く。一方、最も低かったのは、北海道の1.13倍(同0.02ポイント減)で、唯一の減少だった。

 平成27年4~6月期以降でみると、多少の増減はあっても上昇傾向にあり、同省は、「緩やかな景気回復に伴い、全国的に雇用の改善がみられる」と判断している。

 正社員有効求人倍率は、全ての地域で上昇した。最大は東海の1.14倍で、北陸1.11倍、中国1.08倍が続き、計3ブロックで1倍を超えた。低い方からみると、北海道0.68倍、九州・沖縄0.78倍、東北0.85倍となっており、地域ごとに格差が生じている。

 前年同期と比べた雇用保険受給者実人員の増減率は、全ブロックで低下し、9ブロック平均6.84%、四国では10.1%も減少した。

各ブロックの雇用動向(平成29年4~6月四半期分)

この連載を見る:
平成29年9月11日第3128号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ