【転機迎える賃上げ管理】第40回 ピッチをさらに分割/河合 克彦

2015.11.02 【労働新聞】

 昇給率を決めたとしても、昇給額を昇給原資に収める必要がある。どのような方法があるのだろうか。3つの場合に分けて考えてみよう。

(1) 昇給率をコントロールできない仕組みの場合

 賃金表で管理しており、評価に関係なく一定期間ごとに1号昇給するという仕組みになっているケースである。公務員の賃金表を援用している企業・組織によくみられる。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成27年11月2日第3039号5面

あわせて読みたい

ページトップ