【転機迎える賃上げ管理】第20回 被評価者との協働を/河合 克彦

2015.06.01 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 評価の信頼性・納得性を高めるには下図のように評価を広く捉えることが必要である。これまでは、評価者が人事から配布された評価用紙に評価を書き込み、人事に提出して終わり――ということを評価といっていた。これを筆者は「狭義の評価」と呼んでいるが、評価の信頼性・納得性を高めるには評価をもっと広く捉えることが必要だ。…

筆者:㈱河合コンサルティング 代表取締役 河合 克彦

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月1日第3019号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ