【データバンク室】「過労死等防止対策推進法案要綱」ほか

2014.06.09 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「過労死等防止対策推進法案要綱」(衆議院・A4判・2頁)

超党派議員連盟(代表世話人・馳浩衆議院議員)がこのほど上記法案を国会に提出した。厚生労働省が過労死防止に向けた「大綱」を作成した上、相談体制の整備、調査研究の実施などを進めるとした。近々成立予定。

「過労死等防止対策推進法案要綱」


「石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議・報告書」(厚生労働省・A4判・27頁)

同省と内閣官房、総務省消防庁、経済産業省との共同により作成した報告書。リスクアセスメントの充実、人材育成・技術伝承の積極化などを求めた。

「石油コンビナート等における災害防止対策検討関係省庁連絡会議・報告書」


「ハローワークの求職情報を提供する場合の論点について」(厚生労働省・A4判・8頁)

ハローワークが有する求職情報の民間人材ビジネスへの提供に向けた仕組み案を明らかにした。個人が特定できる氏名、住所、直近の勤務先などは公開しないとしている。

「ハローワークの求職情報を提供する場合の論点について」


「2014年度在阪中小企業の新入社員の意識調査結果について」(大阪商工会議所・A4判・10頁)

今年3~4月、同商議所主催の新入社員講座に参加した549人に実施した調査。会社・職場に望むことは「人間関係が良好であること」が90%でトップ。

「2014年度在阪中小企業の新入社員の意識調査結果について」

ジャンル:
平成26年6月9日第2972号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ