【人事学望見】第1024回 電通事件の教訓どこに? サービス残業重なり若者が自殺

2015.10.05 【労働新聞】

4・6通達が目に入らぬか!

 サービス残業の撲滅を図ることを目的に、厚生労働省では46通達を発出した。いわゆる電通事件の最高裁判決が出た1年半経過後の平成13年4月6日に出されたことから、ヨンロク通達として世に知られることとなったが、依然としてサービス残業は姿を消さない。

和解したが1億7千万円

 Aは、90年4月、大手広告代理店に入社し、6月の配属以来、長時間労働で深夜の帰宅が続いたが、当初は意欲的で、上司の評価も良好だった。ところが、翌年1月以降になってから帰宅しない日があるようになり、半年後の7月には元気がなくなり、顔色も悪い状態となってしまった。

 翌8月に入ると、「自信がない、眠れない」と上司に訴えるようになったほか、異常行動もみられ、遅くともこの頃までにうつ病に罹患したと思われた。そして、入社わずか1年5カ月後の91年8月27日自殺に至ってしまった。…

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成27年10月5日第3035号12面

あわせて読みたい

ページトップ