【データバンク室】「『今後の男女雇用機会均等対策について(報告)』に基づく省令・指針案」ほか

2013.11.25 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

「『今後の男女雇用機会均等対策について(報告)』に基づく省令・指針案」(厚生労働省・A4判・10頁)

 上記省令案等を労働政策審議会に諮問した。「間接差別」となる対象事項を拡大している。コース別管理の留意事項を指針に格上げも。

『今後の男女雇用機会均等対策について(報告)』に基づく省令・指針案


「国家戦略特別区域法」(内閣官房・A4判・67頁)

 政府は、上記法案を臨時国会に提出した。労働契約法第18条第1項で規定する有期契約労働者の無期契約転換制度における「通算契約期間」のあり方などについて「検討」することを明記している。

国家戦略特別区域法


「きめ細かな実態調査の中間的とりまとめ結果」(国土交通省・A4判・2頁)

 同省は、建設技能労働者の賃金水準の確保状況を把握する目的で実施している上記調査の中間とりまとめを公表した。調査対象企業の4割弱で何らかの形で賃金水準を引き上げている。

きめ細かな実態調査の中間的とりまとめ結果


「平成25年度上半期における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況等について」(中小企業庁・A4判・10頁)

 今年4~9月、書面調査の後、法違反の恐れが高い親事業者566社に立入り検査を実施した結果、違反が判明した518社に改善指導を行った。

平成25年度上半期における下請代金支払遅延等防止法に基づく取締状況等について

ジャンル:
平成25年11月25日第2946号10面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ