【イラストで学ぶリスクアセスメント】第152回 送電線の近接作業での災害

2017.08.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 昭和30年~40年代に造成した「大規模な工業団地・住宅団地」の架空には、「7000Vを超える特別高圧の送電線」が複数あります。皆様の事業場の近くには「送電線」が多数ありますので、今回はクレーンのつり荷が、「送電線に接近して放電〔マメ知識〕」の電気が流れ、電撃を受けた災害をテーマにします。…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月15日第2288号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ