【社労士が教える労災認定の境界線】第152回 ホームヘルパー2人がそれぞれ訪問先で犬にかまれ負傷

2013.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害のあらまし

 同一訪問介護事業所で同一月に起きた2つのケースにおいて、業務災害と認定されたケースと認定されなかったケースを見てみよう。

 ホームヘルパーAとBは利用者宅の飼い犬に指を噛まれ2針縫う(偶然にも2人とも同程度のケガを負う。訪問していた御利用者宅は別々の場所である)。

 最近ではマンションなどの集合住宅でも、小型犬を飼うことが許可されている。

 AおよびBの通う利用者宅も同様で、週に数回訪問しているが2人とも元々動物好きでもあったことから、それぞれ飼われていた犬に対しても好意を持ち、可愛がっていた。…

執筆:一般社団法人SRアップ21 東京会 熊谷社会保険労務士事務所 所長 熊谷 祐子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年5月1日第2185号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ