【想いはせれば】第64回 作業手順書の今日的役割

2017.08.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

▶近所のコンビニでは店員の出入りが頻繁で、顔見知りになったと思ったら新人が応対するようになっています。それも昨今の求人難を反映してか、外国人の店員が目立つようになりました。新入り店員は客への応対は事務的ですが、作業や対応は間違いなくスムーズです。彼らの仕事ぶりを注意してみると客への応対の言葉も、カウンター内の動きも、レジの作業も、客がいない(少ない)ときの商品棚の整理・整頓作業なども、先輩たちと全く同じです。…

執筆:セフテイレビュー 代表 末松 清志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成29年8月15日 第2288号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ