【事故防止 人の問題を考える】第64回 熱中症対策(後編) 熱をためないメカニズムを踏まえ、過去の災害を教訓とする

2019.06.25 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

平成27年の熱中症死亡事例を教訓に

 前回は熱を外に出す身体のメカニズムなどをみてきましたが、本稿では、それを基に、厚労省による平成27年の職場の熱中症死亡災害の分析結果をみていきます。平成27年は29人の方が亡くなりました。

 以下、表題にはそれら死亡災害に基づく教訓を示し、解説を加えました。

(1)WBGT値が28℃超では厳戒態勢をとる

 亡くなった29人のうち28人の職場では、WBGT値は未計測でしたが、その周辺ではWBGT値が28℃を超えていました。環境省のデータではWBGT値が28℃を超えると熱中症が急増し、厳戒態勢をとらなければなりません。

 WBGT値を計測し、気温が高い、照り返しが強いなどにより…

執筆:労働安全衛生総合研究所 安全研究領域長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2019年7月1日第2333号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ