【人事学望見】第927回 産業医と一般医師には大きな違い 研修修了した健康管理の専門医

2013.09.16 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

職場の状況を常に把握

 本紙8月19日号3面によると、神奈川労働局が過労死・過労自殺発生事業場などに行った監督指導で残念な結果が出たと報道している。長時間働いた労働者が労働安全衛生法の定めるところに従い、医師による面接指導を申し出たものの未実施の事業場が6割強に達した。

毎月1回の職場巡視義務

 医師による面接指導は、「時間外労働が月当たり100時間を超え、疲労の蓄積が認められる場合、従業員の申し出によって行われる」(安衛法52条の2)もの。労働者の申出を前提としているが、家族や周囲の者の意見を吸い上げて実施することも推奨しており、とりわけ、専門家である「産業医」が申出を勧奨することが期待されている。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月16日第2937号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ