【人事学望見】第990回 朝型勤務でゆとり回復なるか 政府の音頭取りに中小企業は?

2015.01.19 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

遠距離通勤ではこうはいかない!

 厚生労働省は、労働時間等設定改善法に基づく指針である「労働時間等見直しガイドライン」を改定する意向。残業時間削減の手法として「朝型勤務」の趣旨や取組み事例を盛り込むことが検討されている。朝型勤務は、一定時間以降残業を禁止し、早朝に回すというもの。

一流企業で取り組み始まる

 「朝型勤務を導入し、所定終業時刻まで割増賃金なしで働かせようというわけか。せこい考え方だなあ」

 昼食後の雑談で、新聞を読んでいた若手の山中がつぶやいていた。小耳に挟んだ同じ世代の坂崎が、新聞をのぞき込み山中に向かって手をヒラヒラと横に振った。山中はエンジニア、坂崎は人事課所属である。…

 

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年1月19日第3001号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ