【人事学望見】第922回 賃金過払いの相殺できるか 労使協定の取決めあれば可能に

2013.08.12 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

君の方のミスなのになんだ!

 賃金が過払いされた場合、今後支払う賃金から控除することは、当然的に認められると考えるのが普通だが、そうは簡単にいかない。労働基準法第24条に定める「賃金全額払いの原則」の適用を受け、労働者の経済生活の安定を脅かすことになるからだ。

全額払いのウエート高い

 「経理担当者が故意に過払いするようなことはないから、何も厳格に制限することはないだろうにな」

 経理課の青木課長が、念のために労働基準監督署に賃金からの相殺に問題はないか、と問い合わせると、そうは簡単にいかない、との回答だった。

 教えられた最高裁の判例をみると、確かにそうなっていた。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成25年8月12日第2932号12面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ