【事例で知る労働審判制度の実情】第20回 研修中「要求水準に達せず」と解雇 残余期間分給与で調停 有期採用も中途解約され/小島 周一

2013.06.03 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 学習塾を営む株式会社に契約期間9カ月、週2~4日勤務の時間講師として採用された30歳代後半の男性が、研修期間中に「これ以上指導しても要求する水準に達しない」と解雇されたため、労働審判の申立てをした。会社側は試用期間中の解約に相当すると主張したが、労働審判委員会は問題ありとの基本的な見方を示し、合意退職、契約満了日までの給与相当額などで調停が成立した。…

筆者:横浜法律事務所 弁護士 小島 周一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年6月3日第2923号13面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ