【登壇労組リーダー】第85回メーデーに思う/中川 育江

2014.05.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 労働者の祭典である今年の第85回連合宮崎中央アピールメーデーは、宮崎市大淀川河川敷で開催する。連合宮崎地協、地区会議メーデーは9会場で、出店や地産地消コーナーなど地域ならではのユニークなアイデアと工夫を凝らして開催する。各地協、地区会議では、専従体制が整っていない環境の下で苦労も多いが、幹事会、青年、女性委員会でプログラムを作成、司会進行、会場設営班等、楽しく企画している。笑顔が溢れる会議はすてきなプランが出てくるものである。…

筆者:連合宮崎 事務局長 中川 育江

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年5月5日第2967号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ