【登壇労組リーダー】拉致問題を国民運動として/石井 健次

2015.09.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 私は岡山県の出身で、宮崎県に4年間、そしてこの地に赴任してきたのは60歳を過ぎた3年前である。長崎の第一印象は、海に囲まれ魚貝類がとても美味しく感じたことだった。

 UAゼンセンは複合産業別組織として大・中・小規模と様ざまな業種の組合が加盟している。県内を廻る活動で日々感じていることは、まじめで人当たりの良い組合員とその家族が多いということだ。…

筆者:UAゼンセン長崎県支部 支部長 石井 健次

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成27年9月28日第3034号6面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ