【登壇労組リーダー】パート加入通じ業界地位向上/榮 丈広

2013.02.04 【労働新聞】

 多くの企業がここ数年、支店や営業所を集約し、ビルの空室率は都心でも1割近くに上っている。結果としてビルオーナーの収入が減り、ビルメン会社にしわ寄せがきており、ビルメン業界の売上げはマイナス成長が定着している。特に、官公庁物件の下げ幅が大きく、官公庁が随意契約から競争入札に移行して以降、管理料がぐんぐん下がり、犠牲になるのは我われ業務委託先の労働者である。…

筆者:大星ビル管理労働組合 中央執行委員長 榮 丈広

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
ジャンル:
掲載 : 労働新聞 平成25年2月4日第2907号6面

あわせて読みたい

ページトップ