【中小企業必読!!メンタルヘルス対策 広がり始めた「新型うつ」】第5回 東京都の実態調査から/廣川 進

2014.08.04 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

人間関係悪化が要因 仕事への不適応上回る

「つながりの回復」がカギ

 今回は東京都が行った中小企業のメンタルヘルス対策の調査を紹介する。

 まず、図1をご覧いただきたい。「従業員を取り巻く最近の状況で問題と感じる点」として、「仕事量の減少(22.3%)」を抑えて、1位は「コミュニケーションの減少(25.3%)」である。…

筆者:大正大学人間学部 臨床心理学科 教授 廣川 進

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年8月4日第2979号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ