【中小企業必読!!メンタルヘルス対策 広がり始めた「新型うつ」】第20回 キャリア節目の上司の言葉/廣川 進

2014.11.24 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

未来への希望与える 現状把握させ成長促す

転機が不調もたらす

 企業の相談室にいると、配属、人事異動と評価にからむ不平不満は多い。キャリア・デザインの行き過ぎ(?)からか、志望どおりの配属でなかったので辞めたいという新入社員や、不本意な異動先を告げられて組織への不信感を募らせる中堅社員、そして役職定年で待遇などの環境が激変しても、受け入れざるを得ない苦渋のシニア社員など。キャリアの転機がメンタル不調の契機となるようなケースは、どの年代にもある。…

筆者:大正大学人間学部 臨床心理学科 教授 廣川 進

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成26年11月24日第2994号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ