【中小企業必読!!メンタルヘルス対策 広がり始めた「新型うつ」】第19回 組織をみる視点(2)/廣川 進

2014.11.17 【労働新聞】

変化へ弾力的対応を 3つの姿勢で乗り越える

苦境で育つ者に共通項

 「今、私たちが直面する問題は、その問題が生み出されたときと同じ次元の考えで解決することはできない」(アルバート・アインシュタイン)。

 前回の事例を考察する前に、変化へのタフな対応力「レジリエンス」を紹介する。臨床心理学者が米国企業の社員を12年間にわたり研究し、生み出した考え方だ。…

筆者:大正大学人間学部 臨床心理学科 教授 廣川 進

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 労働新聞 平成26年11月17日第2993号11面

あわせて読みたい

ページトップ