【事故防止 人の問題を考える】第21回 基本ルールを守り続ける現場をつくるためには(前編)

2017.07.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 この6月、7月は、全国安全週間に合わせ、多くの事業場が安全大会を開催し、その様子が各種業界紙を賑わせていました。そこでは、「基本ルールをいかに守らせるか」を主テーマとするところが数多く見受けられました。

 事故防止の基本は、まず「危険な作業は排除する」、次に「工学的対策」、いわゆる安全設備面の対策です。しかし、現場では、何から何まで安全設備面の対策を講じることは難しく、それを補うため、安全の基本ルールを設け、その基本ルールをしっかり守らせることが重要な事故防止策になります。…

執筆:労働安全衛生総合研究所 リスク管理研究センター センター長 高木 元也

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年8月1日 第2287号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ