【ぶれい考】企業スポーツの共有化/山崎 正晴

2014.03.10 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 2013年、経団連に「スポーツ推進委員会」が設置された。

 設置の趣旨は、2011年に「スポーツ基本法」が成立し、国としてスポーツに関する施策を総合的・戦略的に推進する方針が出されたことと、2020年の東京五輪開催が決定したことを受け、経済界によるスポーツ支援を強化することである。今後、企業によるスポーツ支援のありかたを検討することとしている。

 2000年代以降、多くのスポーツ種目で企業の撤退が相次いでいる。…

筆者:横河電機㈱ 執行役員・人財本部長 山崎 正晴

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:
平成26年3月10日第2960号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ