【どう向き合う!合同労組―対応の基本原則―】第16回 ビラ配布/岡芹 健夫

2013.10.28 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

社内での活動は違法 企業秩序を乱す恐れ

使用者に圧力加える

1 労働組合にとっての重要性

 労働組合は、組合員の労働条件に関する要求を使用者に対して行うが、労働組合がその要求を実現するほとんどの場合、使用者が労働組合の要求を受諾するか、労働組合(または要求をしている当該労働組合員)が裁判所または労働委員会のような第三者機関に訴え、その第三者機関より自らの要求を是認する判断(例として裁判所の勝訴判決)を得るという方法による。このうち、第三者機関へ訴えるという方法は、時間および費用がかかるため、労働組合としては、極力、団体交渉を通して使用者に受諾させることでめざす傾向がある。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 所長弁護士 岡芹 健夫

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月28日第2942号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ