【どう向き合う!合同労組―対応の基本原則―】第15回 団体交渉の打切り/安倍 嘉一

2013.10.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

話合いを十分尽くす 質問には丁寧な回答を

協議が平行線に

1 使用者の誠実交渉義務

 これまでみてきたように、使用者には、労働者の代表者と誠実に交渉する義務があり、不誠実な団体交渉対応をすると、不当労働行為(労働組合法7条2号)と認定される一方で、労働組合の要求ないし主張を容れたり、それに対し譲歩をなす義務まではないとされる(菅野和夫「労働法第10版」659頁)。したがって、団体交渉において、労使双方の意見が対立し、一致をみない状況に陥り、それ以上交渉を継続しても妥結の見込みがないような状況はしばしば発生する。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 安倍 嘉一

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年10月21日第2941号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ