【どう向き合う!合同労組―対応の基本原則―】第5回 管理職が加入する合同労組/小池 啓介

2013.08.05 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

法適合性が問題に 「利益代表者」含むか否か

解決困難な傾向も

1 労使関係における管理職

 従来、企業内組合においては、多くの場合課長職以上の管理職は、企業内労働組合との間の労働協約および労働組合の規約により、組合員資格がないものとされてきた。

 そのため、管理職は、労働者としての地位にありながらも使用者側の立場に立つものとされ、管理職自身も、使用者と管理職との間の物心両面による強い結びつきから、使用者側に立つことをむしろ積極的に受け入れる場合が多かったといえる。…

筆者:髙井・岡芹法律事務所 弁護士 小池 啓介

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成25年8月5日第2931号4面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ