【裁判例が語る安全衛生最新事情】第276回 仁和寺事件 過去の精神障害による過失相殺せず 京都地裁平成28年4月12日判決

2017.06.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

Ⅰ 事件の概要

 被告Y寺は、当地で寺院を所有・管理するだけでなく、宿泊、飲食、会場貸、土地販売などの旅館業(御室会館)を行っており、原告Xを含む約30人の労働者が旅館業務に従事していた。

 原告Xは、調理師として平成16年に被告Y寺に雇用されて、会館での調理業務に従事していたが、平成17年4月から料理長となった。料理人は多いときはXを含めて3人いたが、宿泊客は1月当たり、平均で700人程度で、レストランの営業も少なくとも月500食程度、多いときは約3000~3500食に及ぶときもあった。この調理部門の責任者はXであり、シフトの決定、メニューの決定、食材の選択などを行っていたが、重要事項は支配人やY寺の決裁が必要であった。…

執筆:弁護士 外井 浩志

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年7月1日 第2285号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ