【安全衛生ウーマン喜怒哀楽】安全には憎まれ役が必要 

2017.06.27 【安全スタッフ】

三井造船㈱ 船舶・艦艇事業本部 松林 さゆり 氏

 私は、一般商船や防衛省艦船・保安庁船などの各種官公庁船の新造船建造に携わる現場部門へ入社、配属となり、早くも18年務めております。入社当時の配属先は、船体ブロック大組立工程で、鋼板パネル板継仮付け、溶接する作業を13年間、男性と一緒に同等にこなしてきました。

 この間に結婚・出産を経験して3児の母となり、3人目の産休明けに自分としては、現職に復帰したかったのですが、休みが多くなるので、少しは融通のきく、事務作業をということで、加工職場で図面などの整理業務、PC入力業務を3年間担当しました。その後、2年前に突然、現在所属している安全担当部署に異動となりました。…

執筆:三井造船㈱ 船舶・艦艇事業本部 玉野艦船工場 艦船建造部 安全グループ 安士 松林 さゆり

この記事の全文は、読者専用サイトにてご覧いただけます。
読者専用サイトへログイン 読者専用サイトへはこちらからログインしてください。
※読者専用サイトは、定期刊行物(労働新聞または安全スタッフ)の購読者専用のサイトです。詳細・利用方法は、読者専用サイトのご案内をご覧ください。
掲載 : 安全スタッフ 平成29年7月1日第2285号

あわせて読みたい

ページトップ