【安全衛生ウーマン喜怒哀楽】現場の衛生面に目を向けて

2014.05.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 職長・安全衛生責任者教育の講師業務を行うようになったことをキッカケに、私が支店の管理課から本社の安全管理部署へ転籍になったのは、ほんの半年前でした。

 支店勤務当時、工事事務業務と並行しながらでしたが、安全教育講師業務の場数が増えるにつれ、現場を知らない自分はもっと根本的に安全管理の知識を習得していなくてはダメだとの思いに至りました。ならば本社の専門部署で業務と知識の両方を身につけたいとの思いから本社への転籍を願い出た次第でした。まず任せていただいたのは、安全書類の電子提出業務です。運用サイト利用者には、協力会社を含めて運用を全面バックアップすることを伝えています。…

執筆:大成温調㈱ 安全品質管理部 主任 松嶋 治子

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成26年5月1日第2209号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ