【産業カウンセリングの現場から】第140回 若手ホープの「復職面接」事例

2017.06.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

一般社団法人 産業安全衛生研究所 専務理事 桑村 明男 氏

睡眠の改善は必須

 8時半に本社事務所に着いたとたん、携帯電話が鳴った。メンタル不調で休職している従業員の復職面接の依頼だった。顧問先のP社はパートも含む従業員約2万人の食品小売業。近畿一円に150店舗を擁する大手企業だ。P社では、フィジカル面、メンタル面ともに復帰面談はすべてカウンセラーがまず担当し、必要に応じて産業医につなぐというルールが確立している。…

執筆:一般社団法人産業安全衛生研究所 専務理事
京都産業保健総合支援センター 産業保健相談員
同 メンタルヘルス対策促進員
労働衛生コンサルタント(保健衛生) 産業カウンセラー 桑村 明男

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成29年6月15日第2284号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ