【“過労死ゼロ”を実現するために】第2回 法、大綱制定の経緯 80年代後半から注目 団体が立法へ働きかけ

2016.01.18 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 前回は、過労死等防止のための周知・啓発を中心に、最近の取組みを紹介した。今回は、一昨年6月に成立した「過労死等防止対策推進法」、昨年7月に閣議決定された「過労死等の防止のための対策に関する大綱」の制定までの経緯を振り返ってみたい。

1 「過労死等防止対策推進法」制定の経緯

 過労死は、1980年代後半から社会的に大きく注目され始めた。「過労死」という言葉は、わが国のみでなく、国際的にも「Karoshi」として知られるようになった。近年においても、過労死等にも至る若者の「使い捨て」が疑われる企業等の問題など…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年1月18日第3049号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ