【”過労死ゼロ”を実現するために】第10回 労働・社会面の調査研究 企業、労働者を調査 “労働時間” “働き方”など 

2016.03.21 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前回は、過労死等に関する医学分野の調査研究の実施状況について紹介した。「過労死等の防止のための対策に関する大綱」では、医学分野のほか、労働・社会分野の調査研究も必要とされている。今回は、労働・社会分野の調査研究の実施状況について紹介したい。

1 概要

 過労死等の実態を把握するための労働・社会分野の調査研究は、厚生労働省委託事業として、平成27年度は、みずほ情報総研において実施している。

 本年度は、過労死等に関連する既存の統計の収集・分析、企業・労働者に対するアンケート調査を大きな柱とした。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年3月21日第3057号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ