【”過労死ゼロ”を実現するために】第14回 メンタルヘルス  ストレスチェックを義務化 50人未満は費用助成も

2016.04.18 【労働新聞】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 前回は、働き方改革や年休の取得促進に関する周知・啓発について解説したが、今回はメンタルヘルスケアに関する周知・啓発について解説する。

職場のメンタルヘルスの現状

 職業生活等において強い不安、ストレス等を感じる労働者は52.3%に上っており、また、メンタルヘルス上の理由により連続1カ月以上休業または退職した労働者がいる事業場は10.0%となっている(平成25年労働者健康状況調査)。さらに精神障害による労災支給決定件数は、平成26年度は497件(平成25年度は436件)と過去最多になっており、大綱においても当該目標が掲げられているところであり、うち自殺件数(未遂を含む)は99件となっている。…

筆者:厚生労働省労働基準局

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年4月18日第3061号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ