【イラストで学ぶ身近なリスクと対策】第29回 積載形クレーンの接触災害

2022.07.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

1.はじめに

 残暑の項、太陽暦の8月7日ごろは立秋で、立秋とは名ばかりの暑さがしばらく続きます。8月は「電気使用安全月間」、8月30日~9月5日は「防災週間」〔9月1日は防災の日〕。

 毎年この時期に思い出す忘れられない大事故といえば、1985年(昭和60年)8月12日の「日本航空のジャンボ機が群馬県御巣鷹の尾根(標高1565m)に墜落」です。乗客524人のうち、死亡者520人・生存者4人〔全員女性〕でした。

 今回のテーマは、「積載形トラッククレーンが送電線に接触」にします。

 なお、積載形クレーンが「防護管なしの配電線(6600V)に接触災害」は、当連載の2021.2.1に記載しました。

【ジブ先端に放電して被災】
2.積載形トラッククレーンが送電線に接触災害2事例

【災害1】積載形クレーン〔*1〕のジブ先端が送電線に接触し、クレーン操作者と玉掛け者が感電。

〔*1〕つり上げ荷重2.63t・4t積・5段ブーム〔*2〕積載形トラッククレーン〔以下、積載形クレーン〕。
〔*2〕空車時定格総荷重(or最大)作業半径10.6m・160kg。地上揚程(フック下)12m・作業半径2.5m。

〔作業の状況〕旧河川敷の資機材置き場の最奥は、鉄塔間の送電線(1万3800V)が高さ10~11mで垂れ下がり、境界には暴風林の松の木が茂っていた。台風のとき、送電線が横振れして接触していたので、急きょ送電線近傍の松の木を伐採することになり、事業場内の造園会社に伐採を依頼した。作業者は…

執筆:中野労働安全コンサルタント事務所 所長 中災防安全衛生エキスパート 中野 洋一

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年8月1日第2407号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。