【これで解決!シゴトとココロの問題】第17回 上司が交際迫り抑うつ状態に ★労働新聞社Webサイトで配信中★

2022.06.10 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 日々の業務に忙しく、管理的立場にいても、心の健康問題に目を向ける余裕がなくなりがちだ。弊社ではWebサイトで「これで解決! シゴトとココロの問題」という番組を配信し、よりシンプルな語り口で具体的なノウハウを示している。今回のテーマは「上司が交際迫り抑うつ状態に」。法政大学の廣川進教授(臨床心理士、公認心理師)は、店長の言い分しか聞かずもみ消すのは絶対にNGと指摘。本人にどうしてほしいのかを尋ねるとともに、会社として事実関係の調査を進めることが必要とした。職場における“勘違い”を未然に防ぐため、研修で上下関係の問題点を教えるべきとしている。

断ってからいやがらせが…

 飲食チェーンを展開するF社。店舗でホールを束ねる女性Aさんから、「抑うつ状態」との診断書が提出されました。エリアマネージャーがAさんに聞くと、店長に交際を迫られ、断ってからいやがらせや暴言を受けるようになったそうです。しかし、店長に話を聞いても逆上して「彼女は嘘をついている。ぼくは何もやっていない」の一点張りです。店舗では混乱が広がっており、早く収束させたいのですが…。

森谷 瞳(以下、森谷) さあ、廣川先生。こちらの事例はいかがですか?

廣川 進(以下、廣川) これもなんかよくありがちなケースですね。

森谷 そうですね。最近よく聞くケースだと思います。

廣川 こういったケースの場合、どういった印象を持ちますか? どんなふうに感じますか?…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

2022年6月15日第2404号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。