【令和4年 安全衛生行政の展望】照度など働きやすい環境に/髙倉 俊二

2022.01.12 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

厚生労働省安全衛生部 労働衛生課長 髙倉 俊二 氏

 2022年の新春を迎え、謹んでお慶び申し上げます。年頭に当たり、日ごろの労働衛生行政へのご理解・ご協力のみならず、職場や職務の実態に即した新型コロナウイルス感染症の拡大防止に取り組んでいただいていることに、御礼を申し上げます。引き続き、職場において特に留意すべき「取組の5つのポイント」や「チェックリスト」などの活用や、昨年3月に改正されたテレワークガイドラインに基づく安全衛生にも配慮した良質なテレワークの推進などにより、感染拡大防止への取組みをお願いいたします。

 労働衛生の現状については、…

執筆:厚生労働省安全衛生部 労働衛生課長 髙倉 俊二

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2022年1月15日第2394号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ


ご利用いただけません。