【通達クリップ注目の1本】過労死認定基準の運用上の留意点

2021.11.26 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

時間以外の負荷を総合考慮

 過労死認定基準が見直され(関連記事=時間以外の負荷明確化 重量物運搬など定める 脳心疾患で労災基準改正 厚労省)、運用上の留意点が示されました。労働時間のみで発症との関連性が強いと認められない場合、認定基準に「近い時間外労働」に加えて「それ以外の負荷」があるかを判断します。時間以外の負荷がより大きければ(多ければ)労働時間がより短くとも業務と発症との関連性が強い場合があるとしています。

血管病変等を著しく増悪させる業務による脳血管疾患及び虚血性心疾患等の認定基準に係る運用上の留意点について(令3・9・14基補発0914第1号)

第1 検討の経緯及び改正の趣旨(略)

第2 主な改正点

5 認定要件の具体的判断

(1)長期間の過重業務

 評価期間について変更はないが、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
2021年12月1日第2391号 掲載

あわせて読みたい

連載名で検索する

ページトップ


ご利用いただけません。