【通達クリップ注目の1本】交通労働災害防止ガイドラインの改正 睡眠時間の確保に配慮

2018.08.27 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 法改正により、貨物運送事業者等は、点呼等によりドライバーの睡眠不足への配慮が必要です。ガイドラインで拘束時間が「13時間」を超える場合の睡眠への影響が述べられています。平成20年当時のガイドラインの留意事項によれば、これは労働以外の生活時間は概ね6時間必要であり、睡眠時間が5時間未満となると事故が発生しやすくなるという調査に基づくものです。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成30年9月1日第2313号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ