【通達クリップ注目の1本】ボイラーの遠隔制御基準等の改正

2016.11.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

3日に1回へ点検緩和

 ボイラーの点検や運転の基準について定めた通達「ボイラーの遠隔制御基準等について」が改正され、来年4月に施行されます。新たに「認定適合自動制御装置を備えたボイラーの点検及び運転に関する基準」が定められました。ボイラー則の改正により、自動制御装置を備えたボイラーに関して、作業主任者が行う水面測定装置の機能点検の頻度を1日1回以上から、3日に1回以上にできる特例が定められたことに伴うものです(本誌10月1日号6ページ)。

「ボイラーの遠隔制御基準等について」の改正について(平28・9・30基発0930第35号)

別添1「ボイラーの遠隔監視室における監視制御についての基準」(略)

別添2「ボイラーの監視装置による監視についての基準」(略)

別添3「認定適合自動制御装置を備えたボイラーの点検及び運転に関する基準」

1 総則

(1)目的

 この基準は、…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成28年11月1日第2269号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ