【通達クリップ注目の1本】改正安衛法の施行に伴う整備省令等の施行

2015.06.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

ストレス検査 常時使用するパートも

 ストレスチェックに関して、正社員のほか一般健康診断の対象となるパートに対しても実施する必要があり、時期は毎年同じ時期が望ましいとした通達が発出されました。会社は検査結果等の個人情報を入手するに際して、書面等で労働者の個別同意を得たうえで、5年間保存すべきとしています。

第1 改正法の趣旨(略)

第2 労働安全衛生規則の改正の要点(略)

第3 細部事項(労働安全衛生規則関係)

1 産業医の職務(第14条第1項関係)(略)

2 衛生委員会等の付議事項(第22条関係)(略)

3 心理的な負担の程度を把握するための検査(第52条の9から第52条の15まで関係)

(1)ストレスチェックの実施方法(第52条の9関係)

イ、事業者がストレスチェックを行うべき「常時使用する労働者」とは、次の①及び②のいずれの要件をも満たす者であること。…

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成27年6月1日第2235号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ