【パンデミック、大災害に対処 BCP策定講座】第18回 BCM② 教育・訓練(その2) 逃げ遅れ確認要員を 避難誘導者と別に選任/丸谷 浩明

2021.11.04 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

専門分野も踏込む

 今回は、基礎的な教育と訓練について説明したい。

(1)基礎的な教育

① 基礎知識の提供

 基礎的な教育としては、まず、BCPの必要性や概念などの基礎的な知識を社員に教え、さらに、想定する自然災害などの概要を説明する必要がある。BCPに関するテキストは、中小企業庁や一部の都道府県、商工会議所などが中小企業向けの解説をウェブで公開しているので、その活用も有効であろう。地域の災害リスクについては、地方自治体や国土交通省が公表しているハザードマップを用いた対策をお勧めする。

 社内で実施する方法としては、BCP担当者が講義するほか、外部の専門家に講義を依頼する。最近では、新型コロナ対策として、ウェブ会議方式の講座も増えている。

② 自社のBCP・BCMの周知

 続いて、自社において策定したBCPについての説明と、その運用や改善、すなわちBCMの方法について教育する。すべての社員に教育することが必要なBCPの概要は、…

筆者:東北大学災害科学国際研究所 副研究所長・教授
NPO法人事業継続推進機構 理事長 丸谷 浩明

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

令和3年11月8日第3328号11面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。