【ぶれい考】キャリア形成へ人事戦略/島原 由里子

2021.09.24 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社では10月からの新年度に向け、目標、人事、予算を7月に決定する。今年の計画の進捗を振り返りながら、一年の速さを感じた。改めて経営計画の実現に向け、人事戦略はどうあるべきかを考えるため、経済産業省が昨年9月にリリースした「人材版伊藤レポート」を見返している。

 このレポートはご存知の方も多いと思うが、簡単にご紹介すると、これからの企業価値を牽引するのは人的資本であり、企業戦略と人事戦略を連動させる必要性、これまでとこれからの変革の方向性、経営陣・取締役会が果たすべき役割などのほか、人材戦略に求められる視点と共通要素を明確に示している。当社に当てはめても共感できる内容で、自身の人事戦略構想の道しるべになるものだ。

 レポートにもあったメンバーシップ型とジョブ型の議論は、二者択一では考えにくい。家族的風土を大切にする当社にとっては、…

筆者:オタフクHD㈱ 人事部長 島原 由里子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年9月27日第3322号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。