【ぶれい考】ウェブで社風伝える意識/島原 由里子

2021.07.15 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 当社の21年新卒採用は、内定辞退率が過去最高と苦い結果になった。選考がすべてオンラインになった影響もあるのかもしれない。

 今年もコロナ禍での採用活動となったため、オンラインでいかに社風を伝えられるかに取り組んだ。ウェブインターンシップに加えて、選考ステップごとに社員同士の座談会や学生との交流会もウェブ開催した。

 意識したのは、…

筆者:オタフクHD㈱ 人事部長 島原 由里子

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年7月26日第3314号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ