【ぶれい考】新たな運動様式の創造を/安永 貴夫

2021.08.19 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 コロナ禍は私たちの労働運動にも大きな影響をもたらした。

 「人を集めて盛り上げる」型の運動を得意としてきたが、コロナ禍では、春季生活闘争、メーデー、平和運動、各種会議などあらゆる取組みでオンライン中心とせざるを得なかった。日常活動でも、相談活動などで個々の対話の重要性を再認識するも、感染症対応に迫られ悩みは尽きない。

 オンライン行事は、参加者から「熱が伝わらない」「意見が出しにくい」といったネガティブな感想が出る一方、「移動時間がなくて良い」「旅費の節約になる」「気軽に参加できる」などのポジティブな評価も多い。とくにセミナーなどで、従来に比べ参加者が増加しているなどの効果も現れている。

 私たちは、これを機会に今後の労働運動、日々の諸活動のあり方を考える契機にしなければならないのではないか。

 そもそもコロナ禍以前から、…

筆者:連合 副事務局長 安永 貴夫

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年8月23日第3317号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ