【うんちく歳時記】第3回 梅一輪 一輪ほどのあたたかさ

2011.02.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 2月に入り暦の上では春となりましたが、今年は寒さがひとしおで大雪の年となりました。

 俳句で季語とよばれ季節を詠いこむ言葉があるのは御存知でしょう。東風(こち)、桜餅、春眠などに混じって「受験」や「落第」も見つけることができました。さて春をあらわす花は…江戸時代は梅でしたが、現代は椿や水仙だそうです。梅のたよりなどなんとなく春らしいのですが水仙とは知りませんでした。ちなみに中国で春をあらわす花は桃だそうです。

 2月の祝日に建国記念日があります。明治5年に制定された紀元節が昭和23年に廃止され、…

執筆:建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年2月1日第2131号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ