【うんちく歳時記】第1回 日本がここにあつまる初詣…山口誓子

2011.01.01 【安全スタッフ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 あけましておめでとうございます。

 正月三が日は、どこも初詣の人で溢れるのがテレビに流れます。信仰心で参拝しているのか、正月の行事として詣でているのか、どちらでしょうか?普段は人気もまばらな神社が参拝者でいっぱいになるのをみると、こんな疑問が浮かんできます。

 信仰心と行事が一つになっている――、これが初詣かもしれません。

 今年は干支(えと)では辛卯(かのとう)の年。時刻は午前六時、季節は春の年といわれます。穏やかな年であってほしいですね。

 60年前の同じ干支での出来事。三原山の噴火、横浜・桜木町での電車火災(死傷者200名)と、なんだか穏やかな年ではなかったと思いましたが、NHKで第1回の紅白歌合戦が1月3日に行われていました。120年前は…

執筆:建設業労働災害防止協会 セーフティエキスパート 中込 平一郎

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成23年1月1日第2129号 掲載

あわせて読みたい

ページトップ