【ぶれい考】民主化を止めてはならぬ/安永 貴夫

2021.03.11 【労働新聞】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 ミャンマーが心配だ。

 2月1日、ミャンマー国軍は軍事クーデターを起こした。昨年の総選挙でアウン・サン・スーチー氏が率いるNLDが圧勝し、新しい議会が開催されようとしていた矢先の事態である。

 これまで私たち連合は、国際労働組合組織と連携してミャンマーの労働組合のナショナルセンターであるミャンマー労働組合総連合(CTUM)の活動を支援するなど、20年にわたって民主化運動と労働運動をサポートしてきた。加えて独自に、軍事政権下の2001年には、民主化をめざす在日ミャンマー人組織の活動の場として「ビルマ日本事務所」(軍事政権が国名を変更したことに抵抗してビルマとした)を開設し支援、12年に国際労働組合総連合(ITCU)のミャンマー事務所が開設された際には、所長を派遣するなどしてきた。…

筆者:連合 副事務局長 安永 貴夫

この記事の全文は、労働新聞の定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
令和3年3月15日第3297号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ