【ぶれい考】数字「3」活用の効果/諏訪 貴子

2013.09.23 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

 「3年の改革」――これは私が社長就任直後に行った改革の名称である。

 2代目というのは非常に難しい。なぜなら、先代の方針の下で働いていた社員に自分の方針を浸透させねばならないからだ。その手段の一つとして行ったのがこの3年の経営改革であり、社員の意識改革の狙いが大きい。新しい社長を迎え、自分達も企業も生まれ変わったという意識を持たせることが重要だと考えた。…

筆者:ダイヤ精機㈱ 代表取締役 諏訪 貴子

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

この連載を見る:
平成25年9月23日第2938号5面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ