『19春闘』の労働関連ニュース

2019.02.07 【労働新聞】
前年獲得額超す賃上げへ 経営者目線で迫る UAゼンセン・19春闘方針

採用競争力強化に必要   UAゼンセン(松浦昭彦会長)は1月30日、大阪で開いた第7回中央委員会でおよそ2%の賃上げ実現に向けた19春闘方針を決定した。松浦会長は「中小の賃上げを重視する」と述べ、前年以上の獲得にこだわる考えを強調した。人材流出の防止と採用競争力強化の観点から必要だと経営者目線で迫るよう促す方針。悪質クレーム対策、感染性疾……[続きを読む]

2019.02.04 【労働新聞】
月例「増額」を促す 負荷増し“心の支え”で 日建協・賃金交渉基本構想

 中堅ゼネコン労組の協議体組織である日本建設産業職員労働組合協議会(日建協・久保田俊平議長)は、今年の賃金交渉に向けた「基本構想」をまとめた。月例賃金は、安定した生活の基盤強化や、働き方改革実現に高い意識で取り組むためにも「増額」を求める方針。  今後のペース鈍化が指摘される五輪特需で業績好調な建設ゼネコン。堅調な業績が当面続くと見込む反……[続きを読む]

2019.02.01 【労働新聞】
総合的処遇改善も鍵 19年春季労使交渉で方針 経団連・経労委報告

 経団連は、2019年の春季労使交渉における経営側の方針を定めた経営労働政策特別委員会(経労委)報告を発表した。生産性向上による収益拡大を還元する賃金引上げと、総合的な処遇改善を「車の両輪」に位置付け、多様な方法による年収ベースの賃金引上げに加え、総合的な処遇改善を検討するよう呼び掛けている。  賃金引上げの方法としては、…[続きを読む]

2019.01.31 【労働新聞】
“水準要求”への備えを 真摯な協議が必要 19春闘

労組の狙いは格差縮小  自動車や電機など大手金属メーカー系産別の19春闘方針が近々出揃い、3月13日の集中回答日に向けた単組ごとの交渉が始まる。連合と金属労協は順に2%以上、3000円以上の引上げ基準を従来どおり示したが、賃金水準そのものを重視する春闘方針に今年から転換。グループ内および関連中小の底上げを通じた規模間格差の是正が狙われる。……[続きを読む]

2019.01.28 【労働新聞】
基準内16万円必達を JEC連合19春闘方針

 石油をはじめ化学エネルギー関連企業の労働組合が集うJEC連合(平川純二会長)は1月17日、東京で開いた第13回中央委員会で19春闘方針を決定した。水準重視の連合方針に沿い2%程度を意識した上、「30歳24万円」など年齢ポイントごと示した基本給の絶対額への到達を促す内容。  今回初めて設定した全組合員が必ず到達すべきミニマム基準は「基準内……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ