『JEC連合』の労働関連ニュース

2020.02.03 【労働新聞】
35歳27万円めざす 再雇用者の組織化検討へ JEC連合・春季交渉方針

 石油・化学関連企業の労働組合で構成するJEC連合(酒向清会長)は、中央委員会を開催し、2020年の春季労使交渉の方針を決定した。  同方針によると、ベアについて、連合方針である2%を意識しつつ要求に取り組むとしている。関連会社やグループ会社も含め、35歳27万円など提示したポイント基準への到達をめざすとした。…[続きを読む]

2019.11.27 【労働新聞】
JEC連合に加盟 三菱ケミカル労組

 三菱ケミカル労働組合(堀谷俊志中央執行委員長)は、化学や石油産業の労働組合でつくるJEC連合に加盟した。三菱ケミカル労組の構成員約1万人が新たに加わることになる。  同労組は、2017年に三菱化学、三菱レイヨン、三菱樹脂の3社が経営統合して三菱ケミカルが誕生したのを受け、18年に発足。以前は、レイヨンの労組がUAゼンセン、樹脂が化学総連……[続きを読む]

2019.08.27 【労働新聞】
シンポジウムを初めて共同開催 UA・JEC

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)と化学エネルギー関連企業の労働組合で構成するJEC連合(酒向清会長)は、化学産業シンポジウムを初めて共同開催した(写真)。これまでは、JEC連合がオブザーバーとしてかかわるなどの関係に留まっていた。  冒頭、酒向会長は「化学産業において環境問題は避けられない課題。技術革新などを通じて課題を解決、成長につなげる……[続きを読む]

2019.05.20 【労働新聞】
ヘルスケア産業 産別の垣根越え活動 協力へ枠組み設立 UAゼンセンとJEC連合

 UAゼンセン(松浦昭彦会長)と化学エネルギー関連企業の労働組合で構成するJEC連合(平川純二会長)は、医薬・化粧品関連の労組が、所属産別の垣根を越えて共同活動できる枠組みである「ヘルスケア産業プラットフォーム」を設立した。  同業種の労組の多くがUAゼンセンとJEC連合に加盟するなか、プラットフォームでは、各産別に所属したまま参画可能な……[続きを読む]

2019.01.28 【労働新聞】
基準内16万円必達を JEC連合19春闘方針

 石油をはじめ化学エネルギー関連企業の労働組合が集うJEC連合(平川純二会長)は1月17日、東京で開いた第13回中央委員会で19春闘方針を決定した。水準重視の連合方針に沿い2%程度を意識した上、「30歳24万円」など年齢ポイントごと示した基本給の絶対額への到達を促す内容。  今回初めて設定した全組合員が必ず到達すべきミニマム基準は「基準内……[続きを読む]

年月アーカイブ

ページトップ