【今週の視点】回帰の余地あり、再考を

2016.06.27 【労働新聞】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

  • コメント

連合傘下へ化学総連 孤立しては政策進まず

 名だたる大手化学メーカー20社の労働組合で構成する化学総連が連合傘下から独立したニュースの見方は様ざまだ。中小を省みない大手のエゴとみる批判的なものから、大幅な組織拡大が進まない(数を背にした政治力が発揮できない)連合運動からの逃避――そんな総連寄りのものもある。周辺に聞いた産業政策活動の強化が離脱理由なら、再考し回帰する余地は十分ある。…

この記事の全文は、労働新聞電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞電子版へログイン

労働新聞電子版は労働新聞購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

平成28年6月27日第3070号7面 掲載

あわせて読みたい

ページトップ